PAGE TOP

PINE TREE TRANSLATION

Diary

 

Where You Belong2021.02.24

belong という感覚。 最近見る作品でよく “This is where I belong(ここがわたしの居場所だ)”というようなセリフを耳にする(わたしの耳がキャッチする)。

月の始め〜半ばまで、家族の音が気になったりしてなにか落ち着かず、一人の場所をもつのがいいのか、いや、それは何か違う気がする、とかなり逡巡していました。なんだか今年は新しい場所に移る人が多いので、みんなが「居場所」を見つけているのに気持ちが急いたのかもしれません。

言葉にしてみたり、思いついた人に話してみたりして、整理している間に状況も気持ちも落ち着いてきて、わたしの居場所に戻ってきました。ええ、そしてbelongの感覚。居場所は一人ひとつではなくて、たくさんある。たくさんというか、これも瞬間の連続かもしれません。「家」にいていなくても、「ここに居るなあ」という気持ちに1日に何度もなったりする。『フランクおじさん』という映画の最後のシーン、主人公ベスのモノローグがぴったりきたので記しておきます。

“What I remember most about my Granddaddy Mac’s funeral is, just sitting around the backyard, after everybody else had left. And it was just us. The sun was starting to go down. There was a breeze. And I remember thinking, this is where I belong. Not like I belonged with my family. It was bigger than that. Like every single one of us belonged there, in that backyard, on that afternoon. And I realized in that moment, we were all exactly where we were supposed to be.”

「祖父の葬式で一番覚えているのは、裏庭で過ごした時間のこと。他の人たちが帰ったあと、私たちだけで。日が傾き始めていて、風が吹いていた。ここはわたしの居場所だ、と思ったのを覚えている。この家族が、ということではなくて、もっと大きな意味で。あの日の午後、あの裏庭は、私たち一人一人の居場所だった。それで分かったのだ、私たちはみんなちゃんといるべき場所にいると。」(和訳は字幕に基づいたわたしの創作なのであしからず)

IMG_8114
随分久しぶりに。関東へ引っ越すAさんに直に会えるラストチャンスだったので。この日はとってもあったかくて、何度もbelongの気持ちになったなあ。

One Step at a Time2021.02.01

何ごともone step at a time だなあと改めて思います。ドラマチックでマジカルな変化を求めてしまうこともあるけど、そしてそういうこともあるけど、それも、そこまでの積み重ね、ちょっとした日々の行動がある日大木が倒れるように、わかりやすい変化として現れているのかもしれません。なので、「こうなったらいいな」という方向に少しずつでも歩みを進める、も心のどこかにおいて。

「下手でもトライして良い」という言葉も違うけど似ている気がします。先日書いた本 “Artist’s Way(ずっとやりたかったことを、やりなさい)” に
「ふつう「自分にはできない」というとき、私たちは実は「完璧にできるという保証がない限り、やりたくない」と言っているのである」「むしろトライするリスクを負うことに意味がある」
とあって、思い当たる節ある〜〜とゴーンと頭上で鐘が鳴っておりました(恋愛もそれでか〜!?とか、、)。別に「なんでもかんでもやってみないとわからないからやりなさい」と言っているのではなくて(やりたくないことはやらなければ良い)、興味はあるのに「できない」って言うことについて。あとまあ、「上手くいかなそう」と思ってやってると上手くいかない。不安や緊張は持っていてもちろん良くて、何かにつけてそのプロセスやその瞬間にやってることを楽しめてたらいいのですよね。これも思考のクセとの闘い(?)なのでぼちぼち実践したいです。

そんなこんなで、毎日ちょっとずつ冠詞のテキスト(英語)、韓国語のアプリ、段ボールコンポスト。英語のドラマ毎日見てるのも、やっぱり馬鹿にはできない影響力があるのだと思います(もちろんステップというものがあるので、特にビギナーは文法やら多角的に攻める方が効果的。韓国語のドラマはわたしもまだまださっぱりわからん)。他にもいっぱい積み重なってると思うんですよ。なんか違うな、っていう積み重ねは剥がしつつ、やりたいことは、時間が・お金が、を言い訳にしないで小さくトライだ〜、と思うと「何ができるかな」ってちょっと楽しくなってきます。

Tuning Up2021.01.28

ここ数日は「私って一体何が好きなんだろう」に立ち返ってしまっていました。もちろん、今仕事としてレッスンや翻訳ができていることは大切だし、ありがたいのですが、これまで〜今を振り返ると、その中でもずっとピントを合わせ続けてきて、少しずつクリアに音合わせがなされているので、こういう「ねえどうなの、わたし?!」という声は大事だったりするのです。

それで、今日のところまでのまとめとしては、英語は確実にわたしの好き(LOVE!)なものや人を繋げてきてくれてる、ということ。
たべもの、場所、アート、本や旅など、その中でも「最高!」「かっこいい!」「すごい!」と思うもの、響くものをつくる人やそれに携わる人との関わりは英語がもたらしてくれた部分が大きいし、わたしも自分ができること(=英語)でそういった人たちと近くなること、その力になれることが幸せです。

「ずっと、やりたかったことをやりなさい」という本。何年も前にスタンダードブックストアでパラパラ立ち読みしたけど、そのときはそこまで響かず。最近、新版や続編が出て見かけるようになって、手にとって必要だなと思ったので読んでいます。

「わたしたちは何かをひねり出すことがアートだと考えるが、実はそうではない。逆に、すでにあるものに触れ、それを原稿用紙や大理石といった素材に「降ろす」のがアートという行為なのだ」
色々と膝を打つ言葉はあるのですが、これを読んだときは、翻訳やレッスンでもこれに近い感覚があるのでなんだか少し安心しました。時々、自分がやっていることは「正解」があってクリエイティブな行為ではないのでは、と思ってそれがちょっと悲しかったので。

英語や語学や翻訳に対する興味は終わらないし、好きではあるけど、もしかしたら上にあげた「好き」の方が大きいかも。それに「料理が好き」と言っても色々あるように「英語が好き」にしても色々あるのだ。どっちの好きも大事にしたいし、モヤモヤした気持ちに少し明かりが差してきていてよかった。

Stop stopping myself2021.01.14

I don’t know if this makes sense or not, but 自分を止めるのを止めること。

I used to think “I shouldn’t do this now. I need to choose whatever helps to build my English, teaching skill, or translation skill.” あまり英語以外のもの(例えばドラマとか映画とか)に興味がなかったというのもあるけど、こんなことやってないで〇〇をやらなきゃ、は緩めようと思います。教えることや翻訳を仕事にしてるなら、これぐらい知ってなきゃとか、もっと研究・勉強しなきゃとか、そう思うことを止めるのはちょっと難しいけど、自分の「興味」スタートでやっていきたいです。それはレッスン受けてくれてる人にも自然と還元されていくと思うし。For that, too, I need to slow things down. 誰でもそうかな、目の前に仕事としてやることがあると優先してしまうので、やっぱり詰めるのはよくない。ある人が、「頑張ったら・無理したらできる」までを「できる」に含めることは長く続けるためにはやめた方がいいと言っていて、I couldn’t agree more と思ったのでした。バリバリ頑張って、熱心な人(そう見える人?)を見るとそれが「充実」のような気がするし、わたしもそうしなきゃ、と思ってしまうのですが、(わたしにとって)果たしてそうなのか?というのが目下テーマです…

英語が「できる」ようになってどうなりたい、とかがないなあ(困)という今。少しずつ泳ぎ続けたい、というのが正直なところです。英語のことを知ったり、触れたりするのはおもしろいなあと依然思うし、みなさんとレッスンをするのは楽しいので、その気持ちをうまいこと残していきたい。。

Since the beginning of this year or the end of last year, I’ve been interested in some other things.
・Teaching Japanese
・Reading horoscope
・Using money well
・Taking care of my body
・Non-English dramas or movies
どう進んでいくかは let it happen として、I’ll follow my mind できることからやってみようの気持ちです。

あと、今年は、なのかどれぐらいのスパンなのかわかりませんが、あまりウロウロ出かけないような気がします(コロナだから、というわけではなく)。

What do I want to pursuit?2021.01.13

I think it’s good to take time to think about what you want to do, there’s anything you feel unhappy or wrong about, or how you want to live this life from time to time.

自分の今の状況を時々内省するのはいいことだと思います。やってもいないことで悩むのではなくて、やってることについて考えるのが大事かなと。それについてどう感じているのかを考えると、やりたいこととも繋がって、自ずと次のステップが見えてくるような。めちゃくちゃ段差の小さいステップでも、踏んで行くことが大事だと定期的に自分にリマインドしています。

ただそれは、目標のための苦難の道のり、というよりは道のり自体も(を?)楽しむと言うか、あまり道のりだと気づいてないぐらいだったりもします。

全然違う話だし、全くまとまっていませんが、最近「相手は自分を投影したもの」というものごとと出会うことが多いです。「A子さんの恋人」を読んでいて、相手に同化してしまって自分を失っていたのだ、というのにも何となく膝を打ったり。

いや、何も合わせることや同化して幸せであることが悪いのではないのですが、その自分が好きか、それで自分を生きてる感じがするか、何か失われたものはないか、ということは心に聞いてみてもいいのかなと、ぼんやり思うのでした。

For another happy year2021.01.09

ますます自分で考えて、決めていくことが大事になってくるのかなあ、と言うのが色々と起こる世界を見て年始に思うところです。別に人と違う選択をするのが良いのではなくて、結果「多数」側の選択をしたとしても、自分で腑に落ちているなり、後々何かや誰かを責めることがないようにしたいですね。

穏やかな年始。(母が)作った数品のお正月料理とお雑煮と、いつもより少し間延びした、解放感のある時間が過ごせました。寒さが厳しくなってきていて、コロナの感染者数もどんどこ増えていて、自分が望んだ時以外、家から出ずに仕事もできるありがたさを噛み締めております。

ひとつひとつのレッスンやご縁がある翻訳にまっすぐ、あたたかく向き合いつつ、生活(ご飯やおやつや掃除や洗濯や、ぼんやりする時間)を大事に日々過ごしていきたいなと思います。良いのか悪いのかはわかりませんが、意識的にも無意識的にも生活や「何しようかな〜」という時間、パッと思いついたことができる余白があることを優先してきたように思いますし、やっぱり自分にとってそこが安定して満たされていることは、その他のことにも活かされていると思うので、これからもそこは大事にしたいなと、これからのことを考えてまず思いつくところ。

個人としても、世の中も、一体どうなっていくのかしら〜と思う日々ですが、自分なりに考えて決めること、目の前のことやひと、自分の根っこを大事にすることを忘れずに、素直に。

IMG_7883

おみくじは久しぶりの大吉、しかもこの上なく良い大吉でうれしい〜(けど逆に心配になる小心者)

Gratitude2020.12.31

There’s nothing but gratitude for being able to come to the end of 2020.
何よりもまず無事に年末まで来られたことに感謝。

大晦日に来てみると、去年の大晦日がこの間のような気はするけど、
思い返せばあれもこれも今年。冬至明けに一旦年が明けたような気持ちになったのと、年末まで予定や仕事やがあったからか、一向に年末感がなかったものの昨日ぐらいから少し感じます。

未知のウイルスがやってきて、大変といえば大変な年でありましたが
色々炙り出したり、変化をもたらしてくれたり、大事な一年になったのではないでしょうか。個人的には、オンラインでのレッスンががっつり選択肢に入ったこと、心理学の面から語学学習や生きることに光をあてられたこと、家の片付けができたり、お金の見直しができたことはよかったなと思います。これからますます、自分のあたまでしっかり考えて行かねば〜ですが、決して独りよがりではなく、穏やかな心で受け止めて選んで、歩んでいきたいです。

これからに向けて、がんばろう〜と今思うことは:
・英語を学ぶ上で、技術や知識以前の心構え、向き合い方にアタックしていくこと
・冠詞の使い方を「なんとなく」から少し抜け出すこと(良さそうなテキストをみつけた)
・動詞、前置詞を「イメージ」でうまく捉えて語れるようになること

あと、
数年前から(もっと言えば、小学生のころからその手の雑誌は買ってたけど)興味のある「星よみ」が最近さらにおもしろくなってきたので、友人のを読んでみたりしながら磨きたいです。

直接の知り合いではないけれど、共通の知人を介してInstagramをフォローしてくださった(そしてわたしもフォローしていた)方が最近亡くなったことを知るなど。
少し前には、小学生の同級生のお母さんが亡くなっていたことを知ったり。
思い返せば、小学生の頃から同級生や伯母さん、後輩とか、「年老いて亡くなる」以外の死に近かったのですが、1年半前に別の伯母さんが亡くなった時からさらに「人は死ぬ」というメッセージがリマインドされます。当たり前だけど忘れていること。忘れていていいと思うけど、ふと、いまこの瞬間がどんなに幸せか、人間として「わたし」として生きている間に行っておきたい場所・会いたい人・やっておきたいことは何かしらと考えさせてくれたり、背中を押してくれたり。そんなことにも感謝しつつ。

来年も、素晴らしい人たちとたくさんの喜びを分かち合えますよう。
I wish for another joyful year with beautiful people around the world.

IMG_7857
まる!

Believe It or Not2020.12.20

12.18
ゆみさんのホロスコープカウンセリング。
いろんな人に星は読んでもらっているけどやっぱり面白い。生まれた時の星の位置は運命・宿命ではなくツール、決めていく・進んでいくのは自分の魂、という考え方、いいな。
読み解くのは単純におもしろいので自分でもちょこちょこ勉強している。いつも拮抗する気持ちの糸を引いている存在が少し分かったのと、ちょっとそっちは抑えていこうか、というこれからの目標。ますます直観で動きたいところ。

豆椿さんで今年最後のレッスン。
ここのチームも皆それぞれユニークで笑いが絶えない。そこに英語を沿わせていきたいなあと改めて思いました。

12.19
行けるならこの日かな、と2020年の月と六ペンス締め。遠いといえば遠いけど、行くとやっぱり調うなあと思いました。おでこを出すようになってから店主さんが「吉田羊」とええように言うてくれるのでデコを出している以外共通点はないけど気分がいい(なんやそれ)。

kousagisha galleryへも。松本さんのお菓子作りとお菓子以外のつくることがとってもよく合わさって、それがすごくいいなあと思いました。お二人の言語化に対してわたしは「ほー」とか「はー」とか「楽しいです」とか、それはそれで正直な気持ちなのですが、言語化はしてみることが大事だったり(英語を身につけるのも然り)するので、right wordが出てこなくても言ってみるようにしたいなあと思ったのでした。

いこさんからUS版 The OfficeがNetflixで見られるようになるよ!と言うニュースを教えてもらう。「輸入盤DVDしかないのが悲しい」と書いた新しいパインペーパーを入稿したばかりだったので、願い叶うなあ!(入稿してもたやん〜)と驚きました。
もうひとつ、ゆみさんのカウンセリングで熱くなった話もひとつ翌朝現実に出てきたので、それも驚いた。

10年ぐらい持っていた八坂神社のおみくじ (大吉!)を納めてきたので、それもスッキリ。

What does the “natural” means?2020.12.17

「伝わる」英語と「自然な」英語のはざまである。

レッスンのときや、習ってくれてる人がSNSで書いている英語に、言いたいことはわかるけど、「間違って」いたり「自然」ではなかったりする表現を見つけたとき、どうするか。

ここで正されて「そっか!」となることは今後の財産になると思う反面、「やっぱり自分の英語はダメだ〜」と気持ちが引っ込んでしまわないか、と心配してしまう。なんせただでさえ少ない「出す」機会。レッスン以外では好きなように、使いたいままに気楽に使ってもらっていいかな〜とも思う。

先日買った、近藤聡乃さんの「ニューヨークで考え中③」に、近藤さんが夫(アメリカ人)が日本語で書いた手紙を直す話があって、「本当の意味で「伝わる」のはオリジナル版かも」ということばに、そ〜なんだよなあ〜〜と思ったのでした。

IMG_7804
We went up on Mt. Wakakusa (by car) for the first time. The wind was blowing so hard and it was really cold, but it was refreshing and felt like it was washing things away.

How we are lazy2020.11.30

I talked with Nancie and Mark for the first time in about a year online. I invited Ikuko, too. It was so nice seeing them being happy and well, and being energetic as much as before. 気心が知れているし、うれしいし、英語が出るかなどはあまり心配していませんでしたが、蓋を開けてみれば脳みそがかなりlazyな状態でした。

選挙やらワクチンやら日本語でもあんまり語れることのない話題について言葉少ないのはまあいいとして、仕事の話とか日本はどんな状況かとか、「おい、もっと話せるだろう」と自分で自分にツッコミを入れざるを得ません。

と、いうか、普段日本語でも「長く話す」をめんどくさがってる気がします(沈)別にそれがダメだ!ということでもないのですが、、

思ったこと、感じたことや意見を言葉にする必要はないけど、問われて初めて言おうとしても、漠然とした思いのかたまりみたいなものがあることに気づいて、すぐ言葉にはできないし、ちゃんとしたことを言おうと思えばなおさら、言葉は遠のく。

いや、でも英語は簡単な文でもなんかちょっとつっかえたりややこしくて、You can do better, right? うん、がんばろう、しかしどうがんばろう、と思っていたところ、ずっと登録だけして放置していたCamblyからブラックフライデー50%OFF! のキャンペーンメールが来たので始めてみました。

とりあえず、15分/週。これもただただ相手に任せて喋っているだけではボヤッとしたものになりそうなので、どうすればより活かせるのか考えながらやってみようと思います。

自分が習う側になることで発見できることも、すでに仕事にいきているし。
ちょっと自分のlazinessにムチを打って、I’ll start with whatever I can do without much effort.

Taking care of my mood2020.11.26

Here’s the thing.

I got a little frustrated at some women today.
昼休憩に母と散歩に出て、とあるケーキ屋さんでシュークリームを買うところ。There were these two women in the shop before us. Maybe around the same age as me. 小さなケーキ屋さんでそんなに種類もないのに何やかんやお店の人に聞いてなかなか注文しない様子(We were waiting outside)。

わたしは別に待てない人ではないのですよね。わたしもよく迷う人だから普段は全然気にしないのだけど、今日はいらだってしまいました。明らかに。I was about to lose my mind.

I think I had already been frustrated.
疲れていたのか、話を聞いている風で聞いていない母にいらだっていたのか、なんせ彼女らが理由じゃないのだ。

同じ出来事でも気に障る時と気にならないときがありますよねえ。って考えると彼女らはとんだとばっちりですよ。イライラするのは気持ち良くないし、ちょっとこれは覚えておこう、と、その後シュークリームを食べながら「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒」を見て機嫌が直った頃に思ったのでした。ちゃんちゃん。

IMG_7741
Today’s evening sky. Pretty.

Community2020.11.22

I feel that I can’t get along with the sense of “community” especially recently. I think it’s very nice to have close people you can share things, help each other, and do things together. When I was younger, I think I was a member of a group of people with whom I feel very comfortable, and hang around with them a lot.

最近特に「コミュニティ」的な雰囲気が苦手な場面が増えました。いろいろ共有したり、助けあったり、一緒にいろいろしたりする近しい人たちがいるのはいいなあと思います。小さい時、学生の時、いや、数年前まで、わたしも居心地良い人たちのグループに居たのですが。

Not that I don’t have that kind of people now, but I feel like, I would be gooey if I lived in a certain group. Well, maybe I live in a certain group of people in a broader sense.

そういう人たちが周りにいないわけではなくて、特定のグループで生きると自分がどろっとする感じでしょうか(なんやそれ)。や、広い意味では「特定のグループ」で生きてるか。

I want to keep it that way, I guess. Sometimes I feel envious or sad when I see people doing something fun together or being bonded, and I feel fragile or frail. But at the same time, I know that I don’t have to feel like that.

きっとそれぐらいにしておきたいのかな。一緒に楽しいことしたり、強い結びつきを見ると羨ましくなったり寂しく思ったりして、時々弱気になるんだけど、同時にそんなふうに感じる必要がないことも知っています。

Each person has a different sense of distance, and that’s okay. It won’t hurt anything. If you want to talk with someone, you can just reach out.

それぞれが違う距離感を持っていて、それはそれでオーケー。何も傷つかない。もし誰かと話したいと思ったら、手を伸ばせば良いのだ。

IMG_7708
「距離感」といえば、それがテーマの浩伺さんの展示を見にKousagisha Gallery。
距離感について感じるスイッチになるのもそうだし、ただ直感的に作品・展示が面白くてかっこいい。swimpond coffee、ホホホ座、たまご屋さんのプリン、花辺も行って良い日。敦子さんと「いいもの」を選ぶことについての話ができたのも。ホホホ座で本をパラパラ見ている時、ちょっと忘れかけていた創作意欲(?)のような気持ちが沸きかえってきました。別に「何か書こう」とかそういうことじゃなくて、文化の豊さに触発されるような、そういう感じ。それが近くにあることで作られる空気とか。

Don’t Stop the Flow2020.11.04

栞日で買った”Subsequence”に坂口恭平さんが寄せていたエッセイで彼は「気が向いたことを気が済むだけやる」というようなことを書いていました。その後、人のツイートで知った「お金の学校」というnoteの記事では「気持ちの良い流れ」について度々書いてありました。

わたしのESSもそういうことかと、またひとつ腑に落ちました。気の乗らないことはしないに越したことないし、気の乗らないことをさせるのも、わたしも苦しいので、自分も皆さんも乗りやすい流れをつかんで「乗る」という感じがあります。結果、日本語のおしゃべりが止まらなくなってしまうこともあるけど、、その「流れ」を止めるのも嫌なので、止めないように、でもちょっと落ち着くように待ちます…。生徒さんが「すみません」っていう感じになったりもするのですが、それもあんまりいらないんです…仕方ないというか、it happend and what’s important there is how I can find a flow that connects smoothly to English. その盛り上がりに乗せていけるものを探しています。

前からちょっと自分の英語のレッスンは「こりほぐし」みたいな気持ちもあったし、血液も、リンパも、気もやっぱりサラサラ流れているのが良いし、そういうことかな〜と思いました。英語以外でもそう。倦まずに、when I found the flow congested, I want to take a step back and find anything that is flowing.自分の気持ちがどこに向かっているのか、何がしたいのか、そういうのをうまくキャッチできるように、日々整えてゆきたいです。

IMG_7545

Focus and Wavelength2020.10.25

音楽家・津田貴司さんのインタビュー本刊行記念のトークを聞きにiTohenへ(そういえば年始以来)。対談相手は浩伺さん(美術作家)と鯵坂さん(iTohenオーナー)。

もともと何か響き合っている部分があるから、あの場に居てたんだろうと思うのですが、心のどこかで思っていたようなことを言語化してもらって、自分の中の大事な部分が浮き上がりかけた感じでした。静かに、でも和やかに進むトークでふと(久しぶりに)自分が皆さんと一緒にそこに居ることが不思議な、でもとても幸福な気持ちになったのでした。

「焦点を合わせる」ことについて。浩伺さんの絵にしても、津田さんの音にしても、受け取る側の焦点や切り取り方があって、焦点を合わせたり、耳をすまして何かに気づいたり浮かび上がったりする感覚が大事なような気がしました。私の中ではそれがアートを鑑賞することかなと思ったり。

何度か言うていますが、作品と対峙するとき、自分と作品との波長をみる感じがありまして。比喩ですけど。「合う」かどうかもありますが、どう響き合ってるかを感じているような。波長計でいうと、ピタッと合うものもあれば、ぶつかり合って1本になるものもあったり。自分が乱れたり閉じたりしてなければ、どんなものとも何かしらの響きあいがみられるけど、なんかざわざわして落ち着きどころがない時は、自分が乱れてることが多い気がします(まあ、それがわかるのも大事)。「作品と対峙するとき」と言いましたが、作品に限った話ではないのかもしれません。

言語でも非言語でもストンときたり、腑に落ちたり、何かに気づいたり、心地よかったりすると幸せで、昨日はそんな時間でした。

「危機感」についても、鯵坂さんが言っていたように「働くこと」「一旗あげること」「抜きん出ること」への危機感がなくなってきたのはとてもよかったなあと思いました。特に鯵坂さんやもっと上の世代の方がそういう考えを持てることは、大きい。仕事に対してもそうだけど、人生のあらゆることについて、私たちは知らない間にストーリーをたくさん聞かされているのだ、という気づきも最近あったので。もちろんそれで難を逃れることも、幸せを感じられることもあるけど、それによる息苦しさはどんどん無くなったらいいなあと思います。逆に、自分が息苦しくなることへの危機感は持っていてもいいのかな。

きれいにはまとめられませんが、とりあえず感じたことは記しておきたいと思ったのでよし。

IMG_7614
iTohen前にはとても久々にシャムアさんへ。フード×写真×デザインでサンドイッチの写真展をしていて、特別メニューをいただきました♡サンドイッチ好きには幸せの空間。

関係あるようなないような、「英語」も「レッスン」も「翻訳」も間口が広いので、ちゃんと自分のスタンス・芸風(?)を言語化しておきたいなあとも思うのでした。

Matsumoto-Azumino 22020.10.05

安曇野の朝はやっぱり関西よりだいぶ寒い。一応持ってきていたレギンスやらストールやらを全部身につけて、チェックアウト、のち、昨日は会えなかったぽっけさんに会いにウチダ邸へ。見送るタイミングでわたしも「いぐパン」に向かう。

早めのお昼に「黄魚」のこごうさんに教えてもらったお蕎麦やさん(また!)にも行けたらな、、とも思いつつ、美味しいパンとスープを目の前にペロリと食べてしまいました。朝からちょろちょろご近所の方なども来て、合間にゆきさんとお話する。途中、ゴウさんもひょっこり現れて映画の話など皆で歓談。ご近所感である。ゆきさんに「越して来なよ〜」的なことを言ってもらって満更でもない。ただ、寅さん気質のせいか「住む」ハードルは高いなあと改めて思ったのでした(町内会的なのの話を聞くとさらにね…)。何か「場所」を構えるのも、それにかかる費用やエネルギーを考えると、そこまでの熱意が起こらない、というのが正直なところ。今住んでいる家や場所もわりと好きであるし、ふらっと帰って土産やらを分かち合えるメンバー(aka 家族)がいるのもいいしね。。実家を拠点にしつつ、数週間単位でよそに滞在するのも良いかもなあ〜〜などと思う(まじ気ままやな)。こういうことも、動くと自分会議が開かれて良い。同じ日本でも、その土地の風土というか、自分と響かせあってみられるのは凝り固まらなくて良い気がします。
IMG_7521
ほんとに居心地の良いところ。いつまでも居ちゃう〜〜

ちょっとこれは蕎麦は無理かな…と半ば諦めつつ、腹ごなしにすぐ近くの「いわさきちひろ美術館公園」へ。ゴウさんの家の辺りはわりと「森」感があるけど、松川村はもう少しひらけていて、遠くの山が見える。
「産直にでも寄って、松本戻るか」と走りかけて、やっぱり蕎麦が食べられる気がする…!と進路変更。。心残りはできるだけ作りたくないのである。レンタカー返却の時間も気になるけど、オープンと同時に入れたので大丈夫そう。一番のお目当ての十割そばはなく、二八そば。サッと食して(おいしい)出ようとしたところ、なんとサービスで煮物が出るとのこと(しかもわりとしっかりした量!)。それがまたおいしかったのですけど。

満腹のおなかを抱えて、ガソリン給油のちレンタカー返却。今回のったスズキのワゴンR、乗り心地よかったなあ。電気とハイブリッドなのか、70キロぐらい走ったのに172円とかだった。予定の電車まで後1時間半ほど。帰りの電車でHigh-Five Coffee(彼らも2号店、3号店を作っていて、この界隈の人たちのboldさ、行動力には驚く)のラテ飲めたらしやわせやな〜とよぎったので、まずは駅でフルーツ物色して最後に(また駅から離れるけど!)立ち寄るか。。と算段。ぶどうの種類がいっぱいで思ったより迷った上、気温が上がって来て暑いので土産屋のトイレでレギンスを脱ぐなど。残り35分、半ば賭けの気持ちでHigh-Fiveに向かう(執念)。幸い並んだりもなく、お店の方に自分のことを思い出させてフリーペーパーまで置いてもらい(勢い)、お目当てのラテを片手に、ブランケットやら本やらぶどうやらが入った紙袋をもう片方に、背中にはPCが入ったリュックを背負って早足…(執念)。

なんでこんな一人でドタバタしてるのかしら。一人でやり切った感。完全に自己満足。思い出すだけで頭がぐるぐるします。旅ってほんと決断の連続…なかなか来れない・会えないし、何かかけらを持って帰りたいという気持ちだから余計…。日々も実は同じですよね。。まあ、動けるぞって時に動いておきましょうという方針で。部屋の窓から仕事しながらぼんやり外を眺める日も大事。ピンと来たら動けるように、balance out であります。

お相手してくださったみなさまに、感謝です。