PAGE TOP

PINE TREE TRANSLATION

Diary

 

Thoughts from last Saturday, Kyoto2018.03.14

9am ESS at 星ヶ丘
We laugh a lot. I feel that’s the most important element for them, or us, or every lesson I have.

12pm lunch at MEMEME
I’ve been there once when it was still in Shibuya. I didn’t have any connection with Oregon yet, and didn’t know the owner have lived there. I knew he’s a friend with Hitomi-San, so I wanted to talk something, but I couldn’t. I didn’t know how to start a conversation… maybe next time.
Sometimes I talk to people so easily, but sometimes don’t. Why is that?

1-3pm Exhibitions at Chise, Kousagisha, Hohohoza
To see Tomoya Kato’s exhibitions. I like to see his diary. “It’s a spring (souce of the whole exhibition)” he says. I heard it takes very long time to install works to the venue when he has an exhibition. So I just let myself be there.
He asked me if I had any vision for next 3 or 4 years. I said I didn’t. Maybe I have, but it’s vague. Another thing I got from the conversation with him was “not sticking to English too much”, “try not to build any self-image to show people”.

4pm Coffee at Tsuki to Roku Pence
It’s the best place (for me) to sort out or run my thoughts. I guess it’s not easy to keep the place quiet, but the owner has been trying so well, and customers have made the place, too.
I found a new essay book of Atsuhiro Yoshida, which was very fun to read and I finished it while I was there. I forgot what’s in it, but it was good.

6C9EB54A-7912-4F2C-BD9C-C266862627FC

Take it easy の効用2018.03.13

最近はやっぱり「ゆるめよ」の傾向。

ESSでも始めた当初からそれは中心にあるのだけど、外国語の性質上「役に立つ・使える」が求められがち(と勝手に思っているだけかしら)でして。わたしも「距離を縮める」ってことは「使える」と思えた方がいいのんよね〜、、となんとかあっちとこっちの落としどころを探りつつずっとやっているのですが、「ゆるめる」にフォーカスしたほうが、色んな意味で良さそうねと、感じるし、あっちからもこっちからもそういう流れで流してくれるのでよろこんで流れています、ありがとう。

わたしが緊張しちゃってることも多いので、まずは自分をゆるめにゃな〜と常々。というか、みんな通常緊張状態にあるのかもしれないから、意識的にゆるめるところからだね
その状態と言語学習(固い、表現が)を混ぜていきたいね

そういう意味で、とことんpurifyしていくのではなくて、俗なものの要素が大事そうだな〜と、こないだナカタアヤコさんの展示で話したこととつながる。政治や社会問題をネタにするコメディアンもそうかな。ユーモアの触媒力!

/////

時々(というかしょっちゅう)人を見て「わたしもこうしないと」という思いに絡め取られることがあります。だいたいがSNSを見たときで、実際に人に会ったときは背中を押されることの方が多い。もちろん、SNSで「すごいな・頑張ってるな・楽しそうだな」とか、「なごむ〜〜」なんてこともあるし、「色々あるけど、わたしは元気です」と手を振るように使えばいいのだと思うのだけど。

人の顔色を気にしつつも、思うように動いたとき
予想よりもよろこんでもらえたり
心配は杞憂で
むしろ「こうなったらいいな」と思っていたような
反応をしてもらえたり
それがややおそろしくもあるのですが
感謝してその反応にぽーんと跳ね上がると
次の足場がみえるような、安心感でゆるむような
気がします

好きでやっていることに生かされていると
いちいちが試金石のようですね
楽しいしこの上なくありがたいけど
lone wolfの心情、とりあえず big hug bear がほしいぜ

I’ve seen more psychic people recently… I guess it’s not they’re special or different, but they can open some windows easily and ours are a bit rusted.
(全部英語にすると長くなって仕方ないから、ちょっとだけとりあえず書く。。)
IMG_4824
/////

最近読んでいる本は Elenor Oliphant is Completely Fine、最近見始めたドラマは「大草原の小さな家」。原作は読んでないけど、小さいころ読んでいた海外児童書を思い出します。健全で心温まる…

Trips2018.02.16

Two tirps in a week…
The first trip was Miyazaki~Hakata on Feb. 2-4 to see Ooka-San’s exhibition and to meet Maino, who I met in Oregon last year.  It was great to see his works in where he was born and grew up. He has had his colors and styles and I like it, but I was happy to see them in a greater scale with history around him up until now.  Also, I got the feeling that Miyazaki has great raw materials in many ways, which gives fundamental energy to everything.
Catching-up with Maino was also great even though she fell down before she came and was bleeding… Another thing I felt greatful was there are some people I can visit and say hi again… They must have seen so many people and have a lot of intimate friends, so I felt greatful that they still remember me and had a small chat with me. They’re doing great works, so I want keep my works good.

The second trip was Tokyo on Feb. 8-9 to meet some of clients/friends of Shiteki-na-shigoto. It was great to meet new people with whom I might be working in the future. Also, it was good opportunity to figure out how I can work with Go-San as a member of Shiteki-na-shigoto.

As he suggested in the end of last year, I think it’s better to continue working mainly as solo, not to completely become a member of a company. I would love to work together with him as a translator and we might be able to create something new, I’m happy to help some events or running the gallery sometimes, but for now, it doesn’t feel it’s the best to call myself “of Shiteki-na-shigoto”.
Maybe because I don’t think I’m capable of representing any company and I don’t want people to think “Now she’s in the company and away”. I’m so not good at “team work” since I was a kid. I don’t think I would help promoting or launch any project… It would be good to start working as Pine Tree Translation, ESS and sometimes Shiteki-na-shigoto.

IMG_4781

先週は2つも旅に出た。
1つ目は、2/2~4の日程で宮崎・博多。
宮崎は大岡さんの展示を観に、博多へはオレゴンで出会ったマイノちゃんに会いに、と2016年に訪れた場所や人を訪ねに。
宮崎は食べ物の素材がおいしく、美術館も神社も美しい、根源的な力が強い土地でした。彼が生まれ育った場所を知って、展示を見ることで背景に脈々と流れる何かが感じられてよかったです。
マイノちゃんとはオレゴンぶりで、元気そうで(来る前にコケて流血してたけど)よかった。しっかりしてるんだけど、よくわからないところで抜けているというか、けっこう感覚人間で危なっかしく見える。でも本人は「大丈夫」なんだよね…今度は彼女の地元鹿児島で会いたい〜
actでの展示ぶりに会えた方々ともお話できてうれしかった。こっちはしっかり覚えてるけど、そういえばほんとに1度会ったきりぐらいなので、記憶の断片をかき集めていただいたのかもしれません、ありがたや…
そこが「ホーム」の人で会える人がいるというのが楽しいね〜

二つ目は2/8-9の東京。
ゴウさんのクライアント(「/友人」という感じで皆さんとても良い方たち…)さんとの打ち合わせ/訪問に同行。自分の立ち位置というか、どうしたいかも動くと分かる。
年末にゴウさんとも話したように、今のHAJIMEやヒロフミフジタのように「ときどき “してきなしごと”」がちょうど良いのかもしれません。何せ「チーム」で何かするのがずっと不得手なのだ。今、いろんな人とやっているように「英語周りとその他手伝い」担当で一緒に仕事をするのはいいのだけど、元来「プロジェクト」や「グループワーク」が苦手です。やりたくないこと・できないことは人に任せるから、それはそれでチームワークなのかもしれませんが…どこか「I don’t know」と一歩引きたい無責任女であります。あと「(人にとってはどうでもいい)自分がしたいこと」を横に置いておけなかったり。そんなのでもいいんだろうかね。

Renewal2018.01.29

After visiting Go-San, talking about the possibility of working (mainly) as a translator of Shiteki-na-Shigoto, and being told that I should pursue translation exclusively, my move was fast, I guess. In one holoscope, it told “You’re going to be in a ‘bulldozer mode’ ” and which I think is right.

I’ve decided raise my lesson fees starting from March, thinking that I won’t be able to get a large number of students if I concentrate on translation more than now, or rather, considering continuing ESS even if I will have to move back to my dad’s, which saves money for rent, but takes more time and money to travel.

Ultimately, this idea gave me a thought that raising lesson fee would make ends meet in many ways. Even I might not have to move here. I’m travelling to my students’ place and I pay some of the money on travel, plus, I need some time for travelling here to there. Above all, a 50min-lesson is not enough and actually it never ends within 50min. To fuel them enough, some warm-up time/cool down time is necessary. I feel that’s where I can motivate them a little bit more, or where they can feel relaxed enough to be honest. I didn’t want to just come to them, do a lesson and leave. That’s not even what I should do. What I should and want to do is to build a nice relationship with them and make lessons happy, meaningful time, and be a good teacher to support their interest or curiosity or passion towards learning. And I believe I can do this through this not conventional “English lesson”.

I might lose some students, or some of them might take less lessons, and I might have to go back to my dad’s hous, but even so, I think this change will lead us to a better days.

「翻訳に舵を」と言うところから、レッスンのやり方も考え直す機会ができた。結果から言うと、それができたのが一番良かった。やっぱりレッスンに行くのは好きだし、移動式のスタイルも気に入っている。ただ移動式でやっているので(大阪市外は負担してもらってるとはいえ)交通費や移動時間、それに「50分」じゃ足りないし実際50分で収まることも少ないし、前後も含めた時間で芯に届くものができる気がするので、レッスン時間はあってないようなもの、を前提に料金を設定し直しました(ウェブサイトはまだ更新されてないけど)。離れてしまう方や、回数が減ったりする方もいると思うけど、それでも戻ってきてくれたり、限られた回数の中でじっくりできたらと思う。どうなるか不安もあるけど、春からちょっと仕切り直しです。

初詣のおみくじにも言われた通り、とにかく誠実に。

英語の文章に触れる時間、アウトプットの時間も増やすこと。「会うこと」も大事に。

IMG_4768

ドラマ&ブックオブザマンス。
of the month というほども読んでない、というか本に至ってはまだ半分。。でも読みやすくていいよ。
ニューヨークで考え中②はさらに面白く。日本とニューヨークのちょうど良いあいだ。ことばの話題も楽しく。
Big Little Liesはセレブ奥様の話…と思ってたら、劇中に出てくる波のように、物語の流れが押し寄せてうねってうねって最終話まで。音楽も良い。

What a week2018.01.20

After ESS at hama no te, 1.5day trip to Matsumoto~Azumino~Nagano and Junko-san’s palm reading at 410… The flow is rushing from both inside and outside to make translation centered in my work (Probably).

I like ESS, as I like to encourage and support someone learning English, but I’ve been feeling that something is wrong about labeling ESS as “English conversation lesson”. I’m quite sure that if someone comes to me for the “English conversation lesson”, they will feel a gap between what they get and their expectation.
Just some easy phrases or techniques won’t have any impact on them, and they will remain unsure about their English. I sometimes go home with a swirling dark feeling like, “Ya, of course nobody can speak another language as they imagined within a day or so, but saying this fact to them leads to nothing…” It doesn’t matter if they’re having a nice time, after all.

At “ESS at hama no te”, I didn’t have anything to “teach” them, and in the end of it, I felt like I was told, “ESS is centered on ‘feeling like we’re speaking English’ and you want to pump up the feeling or give some fuel to it, right?”.
Also in Matsumoto, while I was talking with Go-San, I felt, from a translator’s viewpoint, I can talk about how interesting is the difference between English and Japanese, and about having fun freely with languages (and someone might think, I want Yuki Matsushima to translate this… hopefully). If this leads them to learn by themselves, the distance between them and English should be closer. Also, what I always want to tell might make sense if I say it as a translator.

– With remembering “festina lente” and the broad interpretation of “translation” I received from Prof. Komei again…

ESS at ハマ・ノ・テ、1.5日で松本〜安曇野〜長野、パームリーディングを経て。内からも外からも軸をしっかり翻訳に持っていく流れが押しよせております(たぶん)。

ESSも「英語をしたい」という気持ちを後押ししたい、という気持ちで、好きなことではあるのだけど、「英会話レッスン」ということに違和感がずっとあります。「英会話レッスン」って言っちゃうと、どうしても受ける人のイメージとのずれが出るような気がするのですよね。。
小手先のヒラヒラだと全然響かないし、受けてくれる人も自分のことを信じられないままで、イメージする「しゃべれる」が一朝一夕で出来るものではないのも事実なのですが、それを念押ししたところでなあ…と、胸中どろどろとして帰ることもありまして。受けてくださる方々が楽しい時間を過ごしているなら何だっていいんだけど。

ハマ・ノ・テさんでのESSで、こちらから「教える」ということは一切準備せず臨んで、「ESS = えいご・しゃべれ・そう」という気持ちをpump upする、fuelを注入することが中心にあって、そこに訴えかけられるものにするんでしょ?と一押しされた感じがしたのでした。
松本へ行って、ゴウさんと話す中でも、翻訳家という立場から、にほんごとえいごの「違い」も面白がって、自由にたわむれてもらえる気持ちを温めてゆけるのでは、(そして「マツシマユキ」という翻訳家に頼んでみようか、と思ってもらえるのでは…!)と。自転を促すものになれば、自ずと英語にも近づいていってもらえるし。わたしが言わんとしてることも、翻訳家という立場からの方が通りやすいかもしれません。

米井先生が言っていた「翻訳」の広い解釈と「悠々と急げ」を心に。

IMG_4750
約2年ぶりのウチダ家。

Happy 2018 !2018.01.02

Great to start a new year with my mom and sis for the first time in these few years. Having some new year’s food, regular new year’s visit to Ohmiwa shrine, drawing a fortune slip… unlike childhood days, we don’t have many things to do. Spending boring time gives the best energy for the beginning of the year.

This year will be the year to (continuously) serch for the way to make a living. My attitude towards teaching or leaning English is ever changing… It’s not a conventional one or doesn’t give any immediate effect, but would lead people to live a better, happier life, I hope.

IMG_4740

数年ぶりに母・妹揃っての年越し。のんびり、お雑煮・初詣。年末年始を「暇」に過ごすことが大事だよなあと思います。

今年も引き続き、仕事の仕方・生活のたてかたを探りながら進む一年になりそうです。英語を教えること、学ぶことやわたしができる仕事に対する自分自身の姿勢がいい感じにかわりつつあるなあと思うので、みなさんのイメージと違ったり、即効性のないものではあるだろうけど、わたしの仕事を通してみんなが(もちろん私も)しんどくない、より幸せな生活が送れるような一助になるかたちを探っていけたらなと。

Oh boy2017.12.20

Oh boy あっという間にもうすぐ冬至

toiroさんでのESSも
告知はやっぱり苦手だ〜 と言いながら
6名の方々が来てくださって楽しい時間になりました
映画を紹介するのもお菓子の食べ比べするのも楽しかったな
やっぱり真ん中にあるのは「英語」じゃないほうがいいな
特にビギナーの人にはベースの知識はあったほうが…と思う気持ちもないではないけど
それもわたしの押し付けかもしれませぬな

もうひとつ、「Fragment of Nara」という本がでました
西尾勝彦さんの詩を私が選んで、英訳をつけたものです
最初は2年ほど前に、奈良に来る外国人観光客の方たちに「奈良の空気を持って帰ってもらえるような」のを、とお願いしてもらってつくったものを、今回にしおさんが「のほほん社」から立派な本にして出してくれたのです。
にしおさんと書店さんたちの信頼関係のおかげで、方々においてもらっているようです…
英語はおまけぐらいで、普通ににしおさんの詩を読んで楽しんでほしいです
奈良は生まれ育ったところだからというのもありますが、とてもいいところだと思っていて、なので奈良県庁に入って4ヶ月でやめちゃったのは残念だったけど、こういう形で気持ちが形になったのがうれしいな〜〜

6年ぐらい前かなあ、OBPで働きながら、たまのご褒美にバイエルに寄って帰っていたときですね、にしおさんの「朝のはじまり」を読んで「いいなあ〜」となったのがはじまりです。思えばそれより以前に詩を読む習慣もなく、その日もなんとなしに手に取った気がします。
その少し後に、2012年の7月に西尾さんの「おはなし会」があって、当時はたぶん「朗読会」だったら行かなかったかもしれません。にしおさんのお話や考えてることやにとても共鳴しまして、この世の未来は明るい、と妙に鼻息荒く帰ったのを覚えています。
その年の12月にYUKO展のパフォーマンスのキャンセル枠にするりと入ったり、その後上映会に入れてもらったり、ESSが始まったりしたわけですが、その間ににしおさんとも会ったり喋ったりして今に至ります。

いろんな人の「無理」とか「必死」とかのおかげで良い暮らしをしていることも否めない気もしますが、「のほほん」にシフトしていけたらいいですね、みんなね。わたしもまだまだ模索中。

IMG_4700
久々にactメンバーで集まってend of the year party
「がんばろう」って言っちゃったけど
やだなあと思うことを無理をしてするのではなくて
できることや好きなことで、みんなで嬉しくなれる「がんばろう」は良さそうです。

この間ハジメさんや岩永さんも言うてたけど
「やだな」と思って作ったものには
その気持ちが詰まっちゃうみたいです。

What I was upset at2017.11.23

米ディさんのとこで、(おそらく)主に「量子」に基づいた治療を行う先生のワークショップを受けた。その力は信じるし、興味がわいたのだけど(Netflixで物理学とかの番組を見だした)、先生が良かれと思って「英語がどんどんわかるようになる音源とかも作れるかも」とおっしゃった時に、何だかムッとして腰の痛みと話をすり替えた。

先生は「なんか怒ってますね」と(よく考えればこれは力うんぬんじゃなくて雰囲気やパターンで分かったのだろう)言ったけどわたしは一体何に怒ってるのかわからなかった。とりあえず、「やだなあ」と思ったのだ。

「英語が話せるようになりたい」という人たち相手に教えているのだから、そんなことができればみんなうれしいだろうに、直感的にわたしは「そんなこと望んでない」と反応した。おそらく、言い方が「スピードラーニング」のセールスみたいだったからだろう(「スピードラーニング」自体は否定しない。合うか合わないかは別にして、やり方自体はとてもいいと思う)。もしくは「自動翻訳」の。「つまんない」と思った。
わたしは、できるようになる、わかるようになるプロセスが好きなんだろう。まあでも、みんなにとったら「言語の壁」が簡単になくなるほうがいいのだよね。

先生の「聴けば英語がわかるようになるもの」に胡散臭さを感じただけで、わたしがそういう気持ちでもって、みんなの壁をほぐしていけるよ、ということか…と1日経ってやっと少し落ち着きました。どこかで強く信じていながらも、足に根が生えたコツコツ人間には、やっぱりまだちょっと飛躍が過ぎてスーパーパワーには疑心暗鬼な自分がいるよ。

いい塩梅  just the right …2017.11.19

いろいろな方といろいろな形でレッスンをさせてもらって、
自分も英語の勉強(?←ここに「?」をつけちゃうのがわたしと英語の関係)を続けて、
アメリカにも行って
あぶりだされてきています

結局はESS(えいご・しゃべれ・そう)だということ
誤解を恐れずに言うなら、「えいごしゃべれなくていい」…
いま、日本で英語を喋る「必要」はないけど勉強したいな(せなあかんな?)
って思う人がいることはいいなと思ってて
でも「しゃべれる」のかたちは色々だし
シャイな人だって、おしゃべりな人だって、他の言語に興味を持つって楽しいと思うし
つまみぐいでいいし(つまみぐいって楽しいよねえ)、つまみぐいが続けばいいと思う

「頑張る」もの?「努力」が必要?
ってとこは、葛藤があって
「がんばるぞー」って思うことはいいことなのですが
それで「がんばるのやだから」「がんばれない自分だめだな」ってなったら
なんにもいいことないし悲しい〜
だから「がんばらないで〜!!」っていつも思う。
(わたしいつの間にこんなにぐうたらになったんだろうか)

塩梅やね。

そのいい塩梅が「えいご・しゃべれ・そう」やなーと
ニシワキさんありがとうーと
最近さらにじわじわ思うのです。

(つづきます たぶん)
IMG_4625
太平洋のどこか

アメリカでも2017.11.07

Netflixは夕方からのrelax timeの良きお供でした。
気になりつつ日本で見られなかった、The OfficeやHow I met your motherなどが見られてほくほく。
中でもAloha(映画)みてから「?」と思ってたJohn KrasinskiがでておるThe Office(US)がどつぼにはまって毎晩のようにちょこちょこみていました。
が、日本では配信もしていなければ(数年前にhuluが配信してたけど今はない…当時1話だけ見た記憶…)DVDすら出てない。涙。
シーズン3の途中…誰か誕生日にDVDボックス(リージョンコード2のやつ)買ってください。

スプリングフィールドでの生活のリズム
6時頃 起床、Daily Chat返信
7時頃 朝ごはん+新聞
午前中 翻訳、手伝い、出かける、のどれか
13時半ごろ 昼食
午後 手伝い、出かける、レッスン、など
何もなければだいたい18時頃に call it a dayで「おつかれさま〜」という感じ。軽く夕飯を食べながらニュースを一緒に見ることもあるけど、基本的にお昼が1日で一番big mealなのであんまり夜はお腹空いておらず、それぞれ部屋に戻ってゆっくりする時間。Chipsとチョコ食べながらThe Officeみるのが何か楽しみになっていましたよね…

日本で英語から離れないようにする方法として、わたしにとってhuluやNetflixは手放せない存在。。「映画やドラマから」というのはよく聞くと思うけど、どうやって?というのをこれからのESSのイベントではやっていこうと思っています。

ちょっとずつやろう、と思ってたことを進められて満足(ハードルが低い)。今日は遅延のトラブルで助けてもらった藤本さんとANAの堀江さん・平井さんにtsuzuruさんのお菓子を送った。両方勤務先だからちゃんと届くか不安…(あの日別れ際に名刺もらったら、藤本さんは京大の医学部の先生でひぃ、ってなった)

Reviewing my English2017.11.07

今回、なんとなく「思ったより話せなかった」という気持ちが強い。たぶん、自分への期待値が高かったのだ。思い描く「話せる」と現実との差が広いほど、もやもやはたまる。少しあるぐらいがちょうどいいので、教える側の立場のときは、なるべくその差をつくらないように、というのは何となく意識している。

大学の時に授業が好きだったTony先生(とその友人先生)のPodcastで「自分がこんなのつまらんやろうとか思うやり方でも、生徒は達成感があったりする」という話、いいタイミングで聞けたな〜と思う。何かを作る→できた!という結果が目に見えにくいので、「できた」という実感は大事。「しゃべれない」と思いがちだけど、必ず「喋れる」こともあって、そこに気付いてもらえるように…というのはESSのひとつ大きな柱なのです。

あと、話されている話題が自分が関心のないものだったり、知識がないもののときも、「話せなかった」という気持ちになることが多い。「英語が話せなかった」と思いがちだけど、日本語でも大して話さないじゃん…という場面だったりもする。
なので、「話す」ことに慣れるためには、いつもより気持ち話し気味ぐらいが必要だなあとひしひし感じます。「意義のあることを話す」とか「相手を関心させる」とかは二の次に、多少くだらないことでも発話するのがよい。というのは今回何度か自分に呪文をかけたこと。

convert2017.11.05

行きに助けてもらった方たちにと朝からささっとtsuzuruさんへ。さささっとボリクコーヒーでお昼。

それぞれ違う方向からエネルギーをもらう感じ。

午後からのレッスンのため大阪へ戻る電車で、オガワさんのmoon diaryを読む。

変容のとき
怖がらないで

の言葉にまた、エネルギーをもらう。

1ヶ月の滞在ながら、アメリカでしみ込んだ何かがまだ消えないからだで、日本を吸い込んでいる。良いのか悪いのか、仕事がすこし減ってくる(白目)。でも今のところ、不安より期待の方が大きいんだよ。

Adventures & Escapes2017.11.01

Nancieたちは主に今離れのガレージの改装にとりかかっていて、半分は「Grape Escape」と名付けられたStudioになる予定。(NancieがGrape色が好きなのと、Grate Escapeがかかっている(たぶん))それに、Springfieldをより魅力的にするために、何が人々を惹きつけるのだろうと考えたり、観光局の人やパンフレットを作っている人と会ったり、実際に景観をよくするために調査したり、役所とかけあったりして、実際にここ数年でかなり変わってきているよう。

今回はSpringfieldに来る前の話もたくさん聞けて、留学生の世話係やホストファミリーをしていたときのことや、2008年の経済危機のときに自分たちの不動産業の知識を活かしてたくさんの人を救ったり、働きかけをしたこととか、彼らの寛大さや地域に貢献する姿勢は飛び抜けたものがあるように思います(good crazy!)。Markのお母さんMaryと会う機会も前回より少し増えたり(自分の祖父母にもこんなに会わない/かった)、彼らが放置されていた家をほぼ一から、知恵を絞って、色んな人とあんなに心地のよい場所を作ってきたのを見て、自分の家や家族やこれからのことを考えています。

IMG_4588
屋根作業をするMarkとGartha、その他全般を担うArthur。

彼らのコミュニティーやお家にお邪魔して、「ここはよいコミュニティだ〜」とか「居心地よいお家…」とか思うのは当然で、そこにぽいっと加わるのは簡単だけど、つくりあげるのには相応のはたらきと時間がいるのですよねー。

色々と自分でつくっていくNancieは自分のことや周りの人たちを “Maker” と呼んでいたけど、ほんとにそうだな〜と思う。ただ、自分が苦手な部分は「It’s not my depertment!」と笑って、そこはMarkの担う部分だったりして、二人は本当によいチームです。。

Adventureというと何か大きなことのように聞こえるけど、人それぞれにadventureになることがあって(craigs listで見つけたものを引き取りに行くことだったり、スーパーにココアクッキーサンドの元祖Hydroxを見つけに行くことだったり)、それが体験できるのもgreat adventuresでgreat escapeだな〜と思っています。

(昨晩大阪のおうちに帰ってきました…もう少し思い出しながら書くつもり〜)

Kim’s “Haven”2017.10.31

最終の土曜日、昼ごはんを食べてから寄ったのがSpringfieldのMain St.にある「Haven」という雑貨屋さん。Nancieもよく知っている友人(そういえば前回も1回だけ道で会った)Kimがやっている。今回なんやかんや自分でやらNancieとやら、商工会Greetersの朝ミーティングやらでよく会ったので、すっかり顔見知り気分です。

Springfield産のはちみつ売ってたな〜とぼんやり思っていたので、買って帰るのと「ハロ〜」を言いに行きました。お店に立つからかKimはいつも綺麗におしゃれしていて、ベリーショートのブロンドの髪と、ぱっちりした目鼻立ちで美しいのです…(そして明るい)。私が前に着ていたmizuiro indの麻ワンピースが気に入ってくれていたので、ブランド名もお伝え。オンラインショップは国内だけなのが残念。日本で素敵なものをつくる人たちのオンラインショップつくろかなという思いがよぎる、、もしくは誰か国外向けにもつくりませんか〜。この日は、人あたりの良い息子のJack君(年齢はわからないけどまだティーンだと思う)にも会えて、ほくほくでした。
IMG_4534

Pot Luck Dinner @ Amanda’s2017.10.31

滞在最後の土曜日は、娘ちゃんのクラスでのお話を提案してくれたAmandaのお家でのPot Luck Dinner(持ち寄りごはん会)にお邪魔してきました。歩いて10分程度のご近所さん。

計10人と少しのアットホームな集まりで、Amandaの旦那さんがLane Community Collage(LCC)で働いていることからか、LCCの先生やチューター、生徒さんが大半。主に中国からの方が割合としては多くて、日本でもあまり個人的に話す機会もないので新鮮でした〜。皆おだやかでにこやかなよい人たち。LCCではたくさんの留学生がいるらしく、外からの人も参加できるCoffee Timeもあるようなので、次回行ってみようかなと思っています。

彼らはクリスチャンのようだったので、Coffee Timeはその集まりなのかも(大学の時にたまに行ってた)。ごはんの前にお祈りをすることとか、わたしとしてはまったく構わないのだけど、軽々しく「Amen」と言うたりするのは何だか逆に申し訳ない気がして、それでそわそわする。

Brianaはやっぱりその日もsweetで、はまっている本とかマンガやアニメのこととか話してくれたり、わたしが作っていった白玉団子にきな粉をまぶしたものも気に入ってくれたり、ダイナーAddy’sの話を共有できたり、最後に「Bye, Yuki!」と大きな声で見送ってくれたりと本当によい子です…

Amandaから聞いた「山賊の子ローニャ」、帰ったらみるぞー。原作はスウェーデンの日本のアニメで、彼女たちは英語で見てるのだけど「キャラクターも西洋人で英語しゃべってるけど、何か日本人っぽかったりするから面白いよね…」というところにとても共感するので、さてどう感じるか、わくわく。

また次回会おうと言える人たちが増えて、嬉しいです。